不倫に対しての集中攻撃!だから不倫サイトを使え

不倫ってやっぱり安易に見ていると大怪我をするかもしれません。そもそも不倫といえば会社の中をイメージするのでないでしょうか。社内不倫を憧れている人もいるようですが、リスクに満ち満ちています。本当に大丈夫でしょうか。 飲み会などで盛り上がって、関係を持ってしまい、そのまま不倫スタイルに甘んじているのかもしれませんが。

不倫のリスクを考える

会社の中で不倫というのなら、周囲の目を真剣に警戒しなければなりませんし。あなたは不倫をして、もう会社
にいられない状況にまで落とし込められてしまうかもしれません。実際に、不倫で逮捕されることはないのかもしれませんが、不倫は、民事裁判の対象になるような、大きなモラル違反であり、不倫はウブノーマルな行為なのです。

今ベッキーが散々叩かれていますが、実際にあんなにベッキーが批判されるいわれはないはずです。しかし、問題は世間の野次馬根性であり、ストレス、不満を溜めている人たちが集中攻撃をしてしまうのです。会社だって簡単にベッキー現象が起こるのかもしれません。

ベッキー問題を考える

ベッキー問題を考えると、ベッキーが自分たちで番組を全部おりてしまったから、不倫問題を尚更大きくしてしまったという言い方もできるかもしれません。しかし、このいい方々も正しくはなく、番組をおろされたのか、おろしたのか、ベッキーが自主的におりなくても、いずれ番組をおろされることになるのでしょうか。

ベッキーが自分らで番組をおりるというニュースが流れれば、そこまでする必要はないという声もちらほら聞くのかもしれませんが、ベッキーが平然とたかが不倫でしょという顔をして、番組に出続けていれば、野次馬根性のストレスをためた人たちに、集中攻撃を浴びることになります。何が悪いのでしょうか。

たかが、社内不倫でしょ、逮捕する権利なんて誰もないのです、私達個人の問題ではありませんか、なんて呑気なことを言ってはられず、会社の中にいる野次馬根性のストレスを一杯ためた奴らに八つ裂きにされてしまうかもしれません。

なんでこんな世界になってしまったのか

おちおち、ロマンチックに不倫なんてキーワードを会社において使用することができなくなってしまったのです。なんで、私達は、そのような世界にいるのでしょうか。しかし、昔の時代だって、些細ですが、そのような傾向はあったのです。問題は、(過剰)になってしまったことです。過剰になり、野次馬根性のスピリットをクローズアップして誘導しているのは、(マスコミ)です。とにかくマスコミの過剰報道が悪い。私達には、良心的心が100%支配している訳ではありません。

私達の中には火事現場へ行き、火事で苦しんでいる人たちのことを顧みずに、もっと燃えろ!と思うイケナイ心が存在し、火事を見ることでリフレッシュできてしまうのです。しかし、私達は、社会的に差し障りがないように、そのような精神をないように隠して騙し騙し生きているという感じでしょうか。

しかし、マスコミが過剰に報道するから、どうしても、野次馬根性のスピリットが目をさまし、もっと燃えろ!!!と祈り、すっきりとストレスを解消しようとしてしまうのです。

もう社内不倫をしている人たちなど、野次馬根性の精神が求めている餌食かもしれません。インターネットの時代、更に主張を言わない、優柔不断な野次馬根性まるだしの奴らを、匿名で主張する仲間入りをさせたことで、もっと野次馬根性の精神が大きく拡散することになります。みなさんが、そんな野次馬根性の精神の餌食にならないためにも、ちょっと自分のエリアとは距離の離れた場所で不倫サイトを利用して、ルールを守って不倫を行うスタイルが大事ではないでしょうか。

【コスパ最高の不倫サイトで【セフレ ヒモ(逆援助)】GET】