男と女とでは、お付き合いする異性のタイプが違うって本当ですか?

世の中にはいろいろな人がいるので、一つの考え方がすべての人に当てはまるということはあり得ませんが、それでも確かに、男と女とではお付き合いする異性のタイプが異なるというのはよく言われていることです。

これは非常に気になることでしょう。
もしこの話が本当なのだとすれば、そもそも異性とお付き合いする際に、その方法を完全に変えてしまわなければならないというふうに焦る人だっているはずです。
男性であれば女性に好かれようとするでしょうし、女性なら男性からできるだけ理解されたいと思うはずです。
そもそも、男女の出会いがほしいと思っている人の数が多いからこそ、出会い系サイトを利用する人の数があれだけ多いわけですよね。

具体的に、男女間ではお付き合いしたいと考える異性のタイプに、どのような違いがあるのでしょうか。
これも、すべての人に同じように当てはまる考え方だというわけではありませんが、男性の場合は、より良い異性とのお付き合いを望む傾向にあるといわれています。
一般的に、浮気をしてしまう男性が多いのはそのためです。
たとえ、誰かと出会って男女のお付き合いをしていたとしても、そのあとで、いま付き合っている女性よりもさらに素敵だと思えるような女性が現れた時、あっさりとランクが上の女性に乗り換えてしまうのが男性です。

もちろん、女性にだってそのような考え方をする人はいるのでしょうが、やっぱり浮気は男性の専売特許だというふうに見られている部分はありますね。
それに対して女性は、結婚相手を選ぶことになったら、できるだけ長いお付き合いができる男性を選ぶ傾向があるのです。
恋愛に浸りきっているうちは、女性もいろいろと自分の理想を優先して男を選ぶ傾向があるようなのですが、一度「結婚しよう」という意思を固めると、恋人として付き合う男性の理想よりも、どれだけ頼りがいがあるか、どれだけ自分のことを考えて呉れる男性か、責任感はあるか、など、そういうことを考えて結婚相手を選ぶのだそうです。

ルックスの良い男性は、多くの女性と「恋愛」を楽しむことはできるかもしれませんが、頼りがいがないとみなされたり、あるいは、他にたくさんの女の子と遊んでいることがばれると、もうそれで結婚相手の候補としては見られなくなってしまいます。

別に、顔が良ければそれだけで女ったら氏だというふうに判断されるわけではありませんし、実際にイケメンならみんな女の子と遊びまくっているいい加減な奴らだというわけでもありません。

ただ、女の子の頭の中には男性に対するイメージというものがあります。
女性は思い込みが激しいというふうによく言われますが、けっこう、一度強いイメージが頭の中で作られると、それがずっと覆されることなく続いていくという場合も多いのです。
良い人間関係を築くうえで、人間の第一印象は非常に大事だとよく言われますが、第一印象で相手の女の子に悪い印象を与えてしまうと、もうそれで恋愛に関してはずっと損をすることになってしまうということは確かに考えられます。

このことは、男女のお付き合いにおいて、相性が合うか合わないかという問題にもかかわってくるのですが……どうやって努力をしたってやっぱりずっと相性が合わない人というのは確かにいますよね。
別に、世の中に異性は一人だけではないので、最終的には自分と相性の合う相手をきちんと見つけて付き合っていくということが重要なのですが、特に恋愛に関する経験が少ないと、一人の人とうまくいかなかったら、そのことをすごくマイナスにとらえてしまって、どうせ自分は誰と付き合ってもダメなんだというふうに、すごく大きなショックを受けてしまう人だっていますよね。

男女の恋愛は、本当に個人の努力だけではどうしようもない部分も多いので、むつかしいのですが、それでも、男女の間にある恋愛観の違いのようなものを十分に理解しておくと、一つの出会いを実現した際のミスマッチみたいなものを防ぐことができるので、それが結局は素敵な出会いを実現するための近道にもなります。

男女の恋愛観が違うという話はしました。
例えば、イケメンだったら、多くの女性からセフレ候補として重宝されるかもしれません。
でも、自分の長所が本当に顔だけだったら(といって、自分の長所について自分で考えるというのは、非常にむつかしいことなんですけど)本当に「あなたはただの友達」といわれるだけで終わってしまいます。

自分には特に結婚願望はないし、何人かのセフレとずっと楽しく関係を築いて行けたらそれで十分に幸せ、という人もいるでしょう。
そういう人の場合は、一生友達でいようといわれるような生き方でもいいのかもしれませんが、もしもそこからさらに上の関係、つまり結婚相手の候補として認められたいと思うのであれば、単純に顔がいいとか、優しいとか、そういうふうに思われているだけではだめなんです。

やっぱり、一人の男性と結婚するというのは、女の子にとって大ごとなんです。
もちろん男性にとっても大ごとでしょうが、結婚という出来事を男女のどちらかがよりいっそう大ごとだと捉えているかと考えれば、やっぱり女の子のほうが「これは人生の一大事だ」と考えているものです(詳しくはhttp://xn--n8jx03giia71htxnjxx.com/もご参照下さい)。

結婚相手の候補として選んでもらえる男性は、そういう人生の一大事の相手として選んでもらわなければならないので、顔がいいとか、優しいとか、そういう条件だけではだめです。
女の子は、多少は自分の好みと離れていても、結局は「長いお付き合い」ができる男性を結婚相手の候補として選ぶ傾向があります。
これはすでに先ほども書いたことですね。

結婚相手の候補を選ぶなら、顔は本当にほとんど重視されません。
特に、一度離婚している女性とかなら、もう男性の顔なんか一切見ないで結婚相手を探しますね。
前回の結婚で性格の不一致を経験しているのであれば、今度は何としても性格が一致する男性を選ぼうとする可能性が高いですし、また、お金のことで苦労したのであれば、今度は何としてもお金を持っている男性とお付き合いしようとするでしょう。

しかし、そんな条件よりも大事なのはやっぱり、どれだけその人と長い間付き合っていられるかどうかということなのです。
簡単に自分を裏切るような相手とは結婚できないわけです。
結局のところ、この人とどれだけ長くお付き合いができるかというのは、女性の勘に頼った判断基準なので、この間が外れてしまうことも確かに多いのですが、でもやっぱり女性の勘というのは非常に鋭いので、これが当たるんです。

男性の恋愛観は、とにかく自分が少しでもよいと思える女性と付き合いたい、という希望が基本になります。
だから、例えばある一人の女性と付き合っているとき、別の女性でもっと素敵な人を見つけたら、簡単にその人のほうになびいてしまうということがあるのです。
これもすでに言ったことですね。
これが男性の恋愛観の基本であるともいえるわけです。
しかしながら、お付き合いする相手を簡単に変えてしまうような、目移りしやすい男性は、多くの女性からあまり信用されないので、結婚相手の候補としては選んでもらいにくいのです。
男女の恋愛観の違いって、本当に大きいんですよ。
それが時と場合によっては、お互いの結婚までを左右するんですよね。