テレクラから来た請求書の話をセフレにしたら、意外とウケた

テレクラの専門サイトを利用していて、サイトの運営者からおかしな請求書が送られてきたという経験のある人はいますか。
私はあります、つまり、これは優良なサイトだと確信して(結局のところ、自分がどういう点から判断して、悪徳なサイトを優良なサイトだと判断したのかはよくわからないのですが、少なくとも外見的なことで言うと、優良なテレクラの専門サイトと悪徳サイトの区別というものはなかなかつきません。

もしもそれぞれのサイトで、悪徳サイトなのかそうでないのかということが一目見てわかるのであれば、わざわざお金を払ってまでじっくりプレイをすることがもったいないと感じられるようになるでしょう。

ちなみに私の場合は、テレクラの専門サイトではまじめな出会いを実現することが難しいとか、テレクラの専門サイトというものは悪徳なサイトばっかりだということをきちんと知っていたのですが、それでも自分の場合はテレクラの専門サイトのほうがいいだろうというふうに思ったんです。

でも結果的には、私が選んだサイトが良くなかったのか、利用し始めてからすぐに悪徳サイトのメールが送られてくるようになりました。
一回でも悪徳サイトから詐欺みたいなメールが来て、それを文句も言わずにずっと黙っていると(要するに着信拒否をしないでいると)悪徳サイトの運営者に、こいつはカモだと思われる危険性があると思います。

だから、ある日突然、悪徳サイトからよくわからない請求書が届いた場合は、ひたすら無視してください。
従う義務はまったくありません。
悪徳サイトからの請求に乗らなくていいというのは、ちゃんと日本の法律で決まっていることです。
決して私が適当なことを言っているわけではありません。

私は一度失敗したときに、出会い系サイトを利用する場合などは特にトラブルがいっぱいだということを学びました。
結局自分がトラブルに巻き込まれそうになっただけ問うことで、普通だったら話のネタにはならないんですが、それでも私の話をものすごく喜んでくれた人がいます。
私のセフレなんですけど、ふとした拍子にテレクラの専門サイトの話になって(それまでお互いに、出会い系サイトを利用しながらどんなことをしてきたかという話だったので、テレクラサイトの話をするのは全然おかしいことではなかったですよ。

具体的にテレクラサイトを利用しようとしてどんな失敗をしたのかということをセフレに話したらけっこう受けました。
嬉しかったです、失敗を笑い話に変えることができたら儲けもんですよね。

悪徳なサイトから送られてくる請求書って、パッと見ただけではすごくまともなことが書いてあるように見えるんです。
だからこそみんな騙されちゃうんですよね、支払いに応じなければ警察に訴えるとかそういうことが書いてあるわけですよ。
実際のところは、向こうのほうが違法な取引をしているわけなので、警察に訴えることなんてできるわけがないんですが。

この話をセフレにしてみた時、ちょっと意外だったのは、騙されるのは男性会員だけではないという事実でした。
どうしても出会い系サイトとかテレクラサイトを利用していて騙されるのは男性ばっかりというイメージがありますが、そんなことは無いんですよね。
どうしてか、男性がだまされた話ばかり聞くような気がしますが、それは詐欺の被害に遭った女性が恥ずかしさなどの理由で泣き寝入りしてしまうからかもしれません。

実際にテレクラサイトを利用している女性はそれほど多くないみたいなのですが、何しろテレクラサイトに出没するのはたいていがチャットレディーですからね。
ただ、出会い系サイトを利用している女性を狙った詐欺は最近で特に急増しているようです。
だから女性のサイト利用者も、わたしだけは大丈夫だからと思って油断せずに、十分警戒するようにして下さい。