アイドルやってます、とかいうサクラに騙されてしまうパターン

嘘みたいな話ですが、こういうふうに言いながら出会い系サイトの利用者に近づいてくるさくらは本当にいて、またそう言う感じで近づいていくるサクラにあっさり騙されてしまう女性もいるのです。騙されてしまう女性が実際にたくさんいるからこそ、こういう詐欺の手口がなくならないんですよ。

アイドルを語って出会い系サイト利用者に近づく、という詐欺の手口が全く通用しなくなれば、悪徳な出会い系サイトの運営者もばかではないので、こういう詐欺の手口は使わなくなるはずなんです。そしてもっとたくさんの利用者がだまされるような新しい詐欺の手口が出てくる、本当にその繰り返しです。

普通、アイドルが一般人に混ざって出会系アプリを利用しているものなのかなあとも思うのですが(利用していることがあったとしても、自分が何者であるかというのは普通は言わないはずなんです)自分の立場をひけらかしながら出会い系サイトを利用しているという点について、まずは不自然さを感じるべきなんです。そういうところに気づくことができれば、出会い系サイトを利用して女性をだまそうとしているサクラに対して正しく警戒することができます。

私の場合は、過去にこの手のセフレに騙されて本当に悲惨な目に遭いかけたことがあります。アイドルという響きになんとなく憧れてしまったことがマズかったのですが、アイドルやっているようなこと親密な関係になれた(と思い込んで)なんだかそれだけのことですっかり有頂天になってしまって、何があっても絶対にこの子との関係を終わらせたくないとまで思い詰めるようになってしまったんですよね。

で、メル友としてかなり親密になることができた(と思い込んだ)ある日、その子から、ちょっと困ったことがあってと相談されたんです。その時私はすでにそのサクラに完全に騙されて、もはやべったりと依存したような状態になっていたので、疑うこともなく、相談に乗ってあげるといってしまったんです。

これが間違いでした、だいたい、アイドルやっているような子が、マネージャーとか会社の人とかではなく、ただ出会い系サイトを通じて知り合っただけの女に困ったことがあるといって相談してくるということ自体、あり得ないことなのですが、そういうことまで常識的に考える余裕がぜんぜんなかったんです。本当に自分でもバカだなあと思います。まあ、マネージャーに相談しないの? とか聞くだけ頭が働いたとしても、マネージャーには相談できないようなことだから本気で困ってるんだ、とか言われたら、もうそれだけで疑うことなく相手の話を信じてしまっていたと思いますが。

それで私はそのサクラから、お金を貸してほしいといわれたんです。額がそれほど大きくなかったので、一回目は本当に化してしまいました。もちろん、貸したお金は返ってきません。それどころか、一回でもお金を貸してしまったら、二回目三回目と、何度でも要求されるのです。途中からさすがに怖くなって(というか、相手がサクラなのではないか)と疑い始めて、その偽アイドルと付き合うのはやめたんですけど。

あのままサクラの言いなりになっていたら、いったいどれだけお金をとられていたのか、想像しただけでも怖くなりますね。